ダンスを仕事にするには?ダンスの仕事には様々な種類があります - ダンスお役立ち情報com

ダンスを仕事にするには?ダンスの仕事には様々な種類があります

ダンスを仕事にするにはどうしたらいいでしょうか?


ダンスが大好きな人や、ある程度ダンスをやり続けている人ならば
一度はそう思ったことがあるかもしれません。


ダンスを仕事にするには?と。


一口にダンスの仕事といってもたくさんあります。


ダンサーとしては、
ディズニーなどのテーマパークで踊るダンサー。
着ぐるみに入ってのパフォーマンス。
アーティストのバックダンサー。
舞台のダンサー。
バレエ団などのカンパニーに所属するダンサー。
ゲームやCG映像のモーションアクター。
などなど。


ダンスの振り付けをする仕事としては
アーティストやCMなどの振り付け。
演劇のステージング。
創作ダンスの振り付け。
などなど。


ダンスを教える仕事としては
ダンススタジオや学校、専門学校で講師をしたり、
ワークショップを行ったりなど、です。


また、直接ダンスと関係があるわけではありませんが、
モデルやタレント・俳優としての仕事がくることもあります。


では、これら、ダンスの仕事をするにはどうしたらいいでしょうか。


僕がこれまでに経たダンスの仕事は、
着ぐるみアクター、CMのバックダンサー、映画出演、
舞台出演、ダンスカンパニーの公演出演、
国立の施設でのダンスパフォーマンス、などです。


もちろん仕事ですので相応のギャランティーがもらえます。
ギャラは仕事内容によってピンキリです。


これらの仕事を受けるにはどうしたら良いかを
順次書いていきたいと思います。


ダンスで仕事をしたい人はぜひ参考にしてみてください。





タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


TOPに戻る
Copyright © ダンスお役立ち情報com All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。