ダンスの振り付けを覚えるには、ひと工夫、ふた工夫しましょう - ダンスお役立ち情報com

ダンスの振り付けを覚えるには、ひと工夫、ふた工夫しましょう

ダンスの振り付けを覚えるには、ひと工夫、ふた工夫しましょう。


まず最初の部分を覚えます。
これで振り付けの入りの部分はピッタリ合いました。


次に、最後の部分を覚えます。
『終わりよければ全てよし』といいますが、まさにその通り。
最後が決まるとちゃんと踊ったという印象になります。


振り付けの最初と最後を覚えられたら
次は真ん中を覚えましょう。


これでかなり踊れているように見えます。


最初と最後と真ん中を覚えたら、
あとは残りの部分も覚えていきます。


振り付けを覚えるときに、最初から順番に覚えないとできない人がいますが、
どこから覚えても最終的に全て覚えられれば変わりはありません。


覚える順番をひと工夫してみると一連の踊りの全体が見渡せます。
見ているほうの印象もかなり変わってきます。


今までのやり方でうまくいかなかったら、
ぜひこのやり方を取り入れてみてください。


タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


TOPに戻る
Copyright © ダンスお役立ち情報com All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート