役者にとってもダンスは必要か? - ダンスお役立ち情報com

役者にとってもダンスは必要か?

役者にとってもダンスは必要か?
このことについて考えてみたいと思います。


結論から先にいうと、答えはイエスです。


演劇の舞台に立つ役者にとってもダンスは必要です。


演劇でダンスのシーンがあれば必ず踊りの練習をしなければなりません。
しかし、ダンスシーンがなくてもダンスは必要です。


絶対ではありませんが、ダンスの素養があると、
役者として演技に幅が出てくるようになります。


ダンスを踊れるようになることで動きにメリハリが使えるようになります。
より体が使えるようになるんですね。


また、継続してダンスの練習をしていると、体力の維持にもいいです。


ダンスを通じて表現力も身につくので演技の表現の幅が広がります。


演劇の舞台に立つ役者にとって、ダンスはなくても成立します。


しかし、ダンスを練習することで得られることはたくさんあります。


僕も以前役者をやっていましたが、
ダンスの素養があるのとないのとでは色々な面で違いが出てきます。
周りの役者を見てもそうでした。


いい役者はダンスをやっている人が多かったです。


役者をやっていて、ダンスは必要かな…?
と悩んでいる人がいたら、迷わず取り組んでみることをおすすめします。


タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


TOPに戻る
Copyright © ダンスお役立ち情報com All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。