振り付けを覚えるときはカウントを心の中で刻みましょう - ダンスお役立ち情報com

振り付けを覚えるときはカウントを心の中で刻みましょう

振り付けを覚えるときはカウントを心の中で刻みましょう。


振り落としの際、ただ漫然と無意識に動くのではなく、
カウントと身体の動きをシンクロさせることが大切です。


ワン、ツー、スリーエン、フォー…
と心の中でカウントを刻みながら動くのです。


慣れてくればあまりカウントを意識しなくても振り付けを覚えられるようになりますが
まだ振り覚えに慣れていない人にはとても大事です。


カウントの感覚が体になじんでくると、
心の中でカウントを刻むだけで自然と動けるようになります。


ダンスによっては、音楽の音色やリリカル(歌詞)によって振り付けされていることもあります。


しかしどんなジャンルのダンスでも
基本的にはカウントで作られていることが多いので
ここはしっかりとおさえておきましょう。



カウントはダンスの楽譜ともいえます。
ぜひカウントの感覚を身につけておいてください(^_^)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


TOPに戻る
Copyright © ダンスお役立ち情報com All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。