ダンスの振り写しのとき、そもそもその振付がちゃんと見えていますか? - ダンスお役立ち情報com

ダンスの振り写しのとき、そもそもその振付がちゃんと見えていますか?

ダンスの振り写しのとき、そもそもその振付がちゃんと見えていますか?


振り付けのレクチャーのときに、よく見えないところに居たり、
視力が悪いのに裸眼でいたり…


ダンスの振り付けが覚えられないのは
もしかしたらそもそも振付がちゃんと見えていないからではないでしょうか?


これに思い当たるのであれば、ぜひ今回の記事を参考にしてください。


で、突然話はそれますが
できる人とできない人の大きな違いはなんだか分かりますか?


身の回りで仕事ができる人・できない人、
勉強ができる人・できない人、
料理ができる人・できない人、

なんでもいいので、できる人とできない人の違いを考えてみてください。


僕は明確さだと思っています。


できる人ってだいたい明確な人が多い気がします。
そしてできない人ってなんだか不明瞭な人が多い気がします。


できる人はなんでもハキハキてきぱきと、
やることが明確にわかっています。


逆にできない人はどうすればいいか分からずに
いつも曖昧で不明瞭です。


もちろん例外もあるでしょう。
しかしこれけっこう当たっていると思いませんか?


これをダンスにも応用してみましょう。


振り付けを覚えるときは、振り付けをちゃんと明確に見てとらえる。
これがまず第一歩。


そして、できる部分は明確に踊る。


できない部分はどこができていないかを明確にする。
どこができていないかが明確になったら、その対処方法を明確にしていく。


これです!


今回の要点はズバリ一言、明確さ
これを意識してチャレンジしましょう…!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


TOPに戻る
Copyright © ダンスお役立ち情報com All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート