バレエベースのダンスとストリートダンス。 - ダンスお役立ち情報com

バレエベースのダンスとストリートダンス。

ダンスとひとくちにいっても、
本当にたくさんのジャンルがあります。


今回は『バレエベースのダンスとストリートダンス』と題しまして、
それらの特徴を述べてみたいと思います。


バレエベースのダンスとは、
ここではバレエ、モダンダンス、ジャズダンス、コンテンポラリーダンスなどを指して使います。


ストリートダンスはいうまでもなく、
BREAK、POP、LOCK、HIPHOP、HOUSEなどです。


これらのダンスの違い、分かりますか?
共通点は分かりますか?


もちろん動きは全く違います(笑)


根本的に何が違うか。
今日、ふと考えてみたのです。


バレエベースのダンスでは、身体の内側を意識すること、
内側から動かすことがよく意識されます。


たとえば身体の中心・軸とかをすごく大切にしています。


ストリートダンスは、身体のことももちろんありますが、
音楽をよく聴くことを大事にしています。


アップダウンはその象徴的な動きで
まさに音楽のリズムを表した動きですよね。


かなり大まかな違いですが、
ふと思ったのです。


そして共通点は何か?
と考えてみたら、


両方とも、体を大きく見せる、
動きを大きく見せることが大事にされています。


バレエはもともと少しでも天空に近づきたい、
ということから発祥されているのでよくルルベアップします。
つま先立ちですね。


ポワントやトゥシューズもそれをよく象徴しています。


かたやストリートダンスは、
ウェアからしてちょっと大きめのものを着ますよね。


Tシャツ、スウェットはLL、XL、XXLが当たり前。
なぜ大きい服を着るかといえば自分を大きく見せたいため。


ストリートダンスはもともとケンカをダンスでやろうということから発祥しています。
だから自分を大きく見せることで相手を威嚇する、
そんな意味合いが、大きなTシャツには込められているのでしょう。


かなり大まかな違いと共通点ですが、
ふと思ったことでした^^;


片方だけやっている人はもう片方のダンスに取り組んでみると
新たな発見があるかも…??


タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


TOPに戻る
Copyright © ダンスお役立ち情報com All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート