ダンスの振り付け覚えは、頭の良し悪しではありません - ダンスお役立ち情報com

ダンスの振り付け覚えは、頭の良し悪しではありません

ダンスの振り付け覚えは、頭の良し悪しではありません。


ダンスの振付を覚えるのに四苦八苦している人は
けっこうたくさんいるようですが、
振りを覚えられないのは頭が悪いからではありません。


そもそも頭がいいとは、一般的には“学歴がいい”ということと
同じような意味で使われます。


しかし本当に頭がいいというのは
学歴がいいだけでは割り切れないものがあります。


例えばビジネスの世界では、
高学歴でなくても億万長者がたくさんいます。
中卒や高卒の経営者で高額納税者はたくさんいます。


ちょっと話がそれましたが、
ダンスの振り付け覚えは、頭の良し悪しではありません。


それでは何でしょうか?


ダンスの振り付け覚えは頭の良し悪しではなく、
使うか使わないか、ではないでしょうか?


要は振付を覚えるためにどれだけ頭を使って工夫したか?です。


ひとつの方法でうまくいかなければ別の方法を試してみる、
そういった機転の利かせ方も、頭を使っている状態です。


頭を使わないでただぼ〜っとレッスンを受けているよりも
はるかに振り付け覚えは早くなると思います。


ダンスの振り付け覚えは頭の良し悪しではなく、
頭を使うか使わないか?だと思います。


振付が覚えられないからといって、
自分は頭が悪いんだ〜、なんて無駄なエネルギーを消費するのはやめましょう。


もしもそんなふうに凹んでしまうことがあれば
少しでも“頭使うモード”にシフトチェンジしましょう……!


工夫し続ければ、絶対に振りは覚えられます!(^^)


タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


TOPに戻る
Copyright © ダンスお役立ち情報com All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート