リズム感を身につけた後で大切なこと。どこで音をとるか? - ダンスお役立ち情報com

リズム感を身につけた後で大切なこと。どこで音をとるか?

リズム感を身につけた後で大切なことがあります。
それはどこで音をとるか?
ということです。


どこで音をとるか?


どことは身体のどこで?です。


例えば、単純にアップダウンをするときに

ひざでとるのか?
腰でとるのか?
腕でとるのか?
肩でとるのか?

で、見え方・テイストがかなり変わってきます。


リズム感とは、音をちゃんととれているかも重要ですが、
それがある程度できるようになってきたら
身体のどの部分でどのように音をとるか?がとても大切です。


きちっと音がとれてリズム感が出せるようになったら
身体のどの部分でどのように音をとるか?にも注目しましょう。


それによってダンスのグルーブ感も幅が広がります。
音をとる部分を変えることでアクセントの見え方が変わってきます。


タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


TOPに戻る
Copyright © ダンスお役立ち情報com All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。