ダンスのターンのコツをつかむ方法 - ダンスお役立ち情報com

ダンスのターンのコツをつかむ方法

ダンスのターンのコツをつかむ方法について書きます。


ターンができるとそれなにりに踊り栄えがしますし
初心者ならば誰でも最初に憧れるテクニックかもしれません。


ターンはコツさえつかんでしまえば簡単!
…なのですが、そのつかむまでが一苦労です。


ざっくりとですがコツをうまくつかむ方法を書きます。


1、回っているときも重要だが準備動作も大切

ターンというと回っているときに意識が向きがちなんですが、
準備動作もとても大切です。


ピルエットならば、プレパレーションの状態でちゃんと腰を落としているか?
ストリートのキック&ターンならば、最初に回転方向と逆方向に身体をひねっているか?


などなど。
回り方によってその準備動作のポイントがあります。


回っているときと同じくらい、準備動作も大切です。



2、回っているとき、接地している面積は狭いほうがいい

コマの先や、コンパスの針などをイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。


地面と身体とに摩擦があると回れません。
力学的な話ですね。


つま先をちゃんと立てて、点で立つようにしましょう。
かかとなどで回るときも点を意識しましょう。



3、首をつける

よく言われることです。
首をつける。


顔はなるべく正面を向いたまま。身体が先に回転しても
体よりもすぐに顔をまた正面に戻すことを覚えましょう。



3、腕でバランスを取る

腕をつけなくても回れますが、
バランスを取るためにはつけたほうがいいです。


うまくバランスを取れる腕の位置を見つけましょう。


どのタイプのターンでも、
準備動作のときは腕は回転方向と逆の方向にひねっていることが多いです。



4、トライ&エラー!何度も反復練習

最後はもう繰り返し、ですね。


僕が初めてターンができたときは、先生に言われた
「首をつけること」
を意識したらできるようになりました。


繰り返し練習しつつ、その都度ターンのポイントを振り返りましょう。


ただ繰り返すのではなく、
今はどこができていなかったか?
今度はどこに注意をしするか?
を考えて練習しましょう。


ご参考までに…!



タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


TOPに戻る
Copyright © ダンスお役立ち情報com All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。