踊っていて動きが小さいのはどうしたらいいか? - ダンスお役立ち情報com

踊っていて動きが小さいのはどうしたらいいか?

引き続きLOVE_HOUSEさんのご質問に回答してゆきます。
お返事が大分遅くなり、本当に申し訳ありません。

それではよろしくお願いしますm(__)m

また、両方使って練習する場合は、特性の違いによる、A鏡のときの注意点、動画の時の注意点があれば教えて頂けないでしょうか?

鏡を見るときは
●自分の全身をまんべんなくチェックすることと
●重点的に練習したい部分をよく確認
●2人以上で練習するときは他の人がどんな踊りをしているか?
全体としての見映えはどうか?を見る
●あくまでも確認程度にして頼りすぎない
●鏡を見ないでも踊る

動画を見るときもほぼ同様ですが、
●みんなで見て意見を出し合う
●繰り返し何度も見すぎない(練習する時間がなくなる)
●後ろを向いた姿など、鏡では確認できないところを確認する

などがあげられると思います。


いずれにせよ、鏡・動画は確認程度にして頼りすぎないことが大切です。


『自分が目指すダンスに少しでも近づいているか?』
その実感こそを大切にして欲しいです。

B動画でみた場合、現状、ほんとにバランスが崩れるくらいメチャクチャMAXに動いても動きが小さいので、改善策があれば教えて頂けないでしょうか?

まず、動画で見ると動きが小さく見えるのは当然です。
さらにカメラがどの位置で撮られたのか?
(ローアングル、ハイアングル、アップ、ワイド、など)
によっても見え方は変わります。

動画を見るときはそれらを心の片隅で覚えておいてください。


それから、
メチャクチャMAXで動くこと、これはとても素晴らしいです!!
LOVE_HOUSEさんくらい踊れたならば
自分の限界がどのあたりなのかがよく分かるはずです。


MAXで動くことは常に意識し続けてください。
そうすれば自分の限界も把握できますし
少しずつ上限が高くなります。


MAXで動くことに対する
スタミナ・筋肉などが身について行くんですね。


人間は適応する動物なので
少しきついくらいにやっておくとやがてそれに慣れます。


慣れるとそれまでMAXだったものが以前よりはきつくなくなります。
そしてさらに少しきついと感じるくらいで練習するのです。
するとさらに限界が広がります。


ストレッチも毎日やると、柔らかくなって
次第にもっと伸ばせるようになるのと同じです。


もしもHOUSEをやってるのであれば
ドルフィンとかアクロバットな技や大技をいつもMAXで練習して
うまく自分のものにして欲しいです。
そういったところで差が出てくると思います。


それから、動きを大きく見せるテクニックのひとつなのですが
大きな動きを見せたい場合は
小さい動きをより小さくやると、大きな動きのときにその差が生まれて
さらにメリハリが付きます。
大きさが際立ちます。


これは振付をするときも同じで


中くらいの動き→大きい動き

よりも

小さい動き→大きい動き


という振付の流れのほうが
より大きさを演出できます。


こういった大きさの見せ方もあるので
思い出したときにでも意識してみてください。


そして最後に一点補足なのですが、
もしかしたら他人と比べ過ぎていませんか?


あの人と比べて動きが小さい、
みんなと比べて動きが小さい、滑らかじゃない、
と思っていませんか?


人は身体の大きさや柔らかさ、質がみんなそれぞれ違います。
もちろんそれがダンスにもけっこうダイレクトに反映されます。
なので必要以上に他人と比べて凹まないでください。


LOVE_HOUSEさんだからできる、
LOVE_HOUSEさんしかできないダンスが必ずあります。


他人と比べることでモチベーションが上がることもありますが、
ダンスは勝敗ではありません。
比べるならば、過去の自分と比べて上を目指していってください。


お返事が大変遅くなり、本当に申し訳ありません。
重ね重ねお詫びしますm(__)mm(__)m


そしてLOVE_HOUSEさんがもっと自由に、
もっと自分の満足のいくくらい大きく踊れるように

応援しています!!!


タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


TOPに戻る
Copyright © ダンスお役立ち情報com All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート