テーピングの巻き方 ダンサーならざっくり知っておこう! - ダンスお役立ち情報com

テーピングの巻き方 ダンサーならざっくり知っておこう!

こんにちは!YUSUKEです。
楽しんでダンスしていますか?


さて、ダンスの練習に励んでいると
身体の各部が不調になることがあります。


軽いものなら筋肉痛やちょっとした痛み。
大きくなるとケガになったり。


そんなときにテーピングの知識があると
うまく各部の不調をサポート・カバーしてくれます。


ダンスでいうと足全体、とくに足首・膝、
腰、腕、手首などでしょうか。


かくいう僕もたまにテーピングにお世話になっています。

これまでの例でいうと、
足が棒になるくらいの激しい振り付けの本番を迎えていたときや
腰に負担がかかる振り付けを踊っていてリハーサル中ずっと痛かったとき。


こんなときにテーピングで各所をカバーしていました。
テーピングってちゃんと丁寧に巻くと筋肉を支え、
第二の筋肉になってくれます。


巻き方は各部それぞれの巻き方があります。
ここで書くと長くなってしまうので
シンプルにまとめられたサイトをご紹介します。

⇒ テープの貼り方講座 −これであなたもテープマスター


実は僕はこのメーカーのテープを使っています。
テープそのものにアクアチタンが含まれていて
テーピング効果をより高めます。
プロアスリートもよく使っているメーカーなんです。


ちょっと高いのですが、ひと巻くらい常備しておくといいですよ。
自分はもちろん、ダンス仲間にも巻いてあげることもできますからね^^


ちなみにもし時間に余裕があれば
ファイテンの店舗で店員さんにテーピングをしてもらうといいですよ。
(ここだけの話、無料でしくれます^^;)
巻き方の勉強にもなりますし、テーピングの効果を実感できます。


ということで、テーピングの巻き方はざっくりとでも知っておき、
調子の悪い部分に活用するといいです。


今までテーピングをしたことがない人は
こんなに違うんだ!って驚くかも。。


それではこれからもあなたのダンスライフを応援しています!!
日々初心を忘れずに、楽しんで踊りましょうね(^-^)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


TOPに戻る
Copyright © ダンスお役立ち情報com All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート